既設サイトの常時SSL対応

音楽教室様のホームページの常時SSL化(https://対応)を行わせていただきました。
既設サイトはオーナー様がWordPressで作成されておりましたので2時間程で作業完了しました。

作業概要

  • 既設サイトの構成を確認
  • WordPress及びプラグインの確認
  • プラグイン整理(未使用プラグインの削除等)
  • バックアップ用プラグインの追加
  • サイトのバックアップ
  • WordPress及び使用プラグインの更新
  • SSL(HTTPS)対応


今回はレンタルサーバで用意されている無料の独自SSLを使用していますが、有料の独自SSLや、SSLが提供されていないサーバへのSSL導入も承ります。是非お問い合わせください。

常時SSL(https://)対応は必要ですか?
http://で始まるURLでは、通信内容の暗号化が行われないため、フォーム送信の際に個人情報が漏洩する可能性があります。また送信の際に「情報が漏洩する可能性があります」という内容の警告が表示される場合があります。
個人情報保護の観点から常時SSL対応を強くお勧めしています。
常時SSL化されたサイトは検索に有利になりますか?
2014年8月にGoogleから「HTTPS をランキング シグナルに使用します」と発表がありました。
こちらはgoogle社がセキュリティの観点からサイトを常時SSL化して安全性を高めましょう。という内容で、同じ内容のホームページであれば常時SSL化されたサイトが検索上位になる。という程度のもので大幅に検索順位が上がるようなことはありません。
常時SSL対応を行う場合は、検索順位が下がらない為の対応を行います。

Follow me!

次の記事

見えるIT化(空調設備業)